外国人社員の日本語学習(後編)

外国人社員の日本語学習(後編)

外国人社員がこれまでどのような学習方法で日本語を習得してきたか、考えたことはあるでしょうか。別記事: 外国人社員の日本語学習(前編)に続いて、日本語学習者の学習方法について解説します。

日本語能力を計る試験

日本で外国人を採用する多くの企業では日本語能力を求めるため、その指標の多くは日本語試験の取得結果に委ねられるはずです。ここで有名な日本語試験をいくつかご紹介します。

日本語能力試験 – JLPT

主催:日本国際教育支援協会 国際交流基金

日本語学習者にとって最も有名なのが、日本語能力試験 “JLPT”(Japanese language Proficiency Test)試験です。”N1″(最も難しい)~”N5″(最も簡単)の5段階でレベル分けがされ、合格/不合格で結果通知されます。本試験は年2回(7月&12月)全世界で開催。
※詳しいスキルの目安については、日本語能力試験(JLPT)(公式)のこちら。

このほかには、

日本語NAT-TEST

主催: 専門教育出版

5つの級(レベル)ごとに、「文字・語彙」「聴解」「読解」の3つの分野の試験によって日本語能力を総合的に評価します。出題の基準と構成は日本語能力試験(JLPT)とほぼ同じです。NAT-TEST試験は年に6回の実施なので、日本語学習の進み具合をより細かく確認することができます。

実用日本語検定 J.TEST

主催:日本語検定協会

J.TESTは聴解部分の比率を大きくし、総得点の50%とするなど、実用的な能力を測定する事を重視した試験です。他にも日本文化の理解や、新聞、雑誌から日々のニュース、ビジネス文章、グラフなどが問題として採用されているため、受験生の総合力と実用能力を客観的に評価できます。

BJTビジネス日本語能力テスト

主催:公益財団法人 日本漢字能力検定協会

最近注目されている「ビジネス日本語」能力を計るテストがこのBJTです。

BJT(ビジネス日本語能力テスト)は、ビジネス・コミュニケーションの能力を測るテストです。日本のビジネス社会で働こうとする人はもちろん、基礎的な日本語をマスターした人にも受験されています。

また、外国人採用を積極的に行う企業や留学生を受け入れる大学や日本語学校などで活用されており、法務省入国管理局から証明基準としても認められている試験です。

BJTビジネス日本語能力テストには基本的に合否はありません。取得したスコアによって能力のレベルが判定できます。英語試験TOEICと同様の形式です。( 0~800点の点数(スコア)と、点数に応じたJ5~J1+の6段階のレベルで評価されます)

つまり、受験者の能力に変化がない限り、何度受験しても同程度のスコアになるよう設計されているので、能力の向上を細かく確認できます。

他の試験と比較し、BJTはビジネスで使う日本語表現に特化していることが特徴です。そのため、言語能力だけでなく、ビジネスの現場における、適切な言葉選び、マナーについても評価の対象となります。

サンプル問題をご覧いただき、そのテスト精度の高さを実感してください。

日本語学習のポイント

母国語として日本語を習得した私たち日本人とは(もちろん)異なる形で日本語学習をする外国人社員に対し、こうした試験や日本語教材のカリキュラムを理解した接し方をすることで、飛躍的に日本語力向上につながる可能性があります。

「日本語教育」とは、奥が深い学問の一つで、日本語教育専攻、日本語教師養成講座、日本語教育能力試験など、様々な形式でその教育メソッドを学ぶことができます。

日本語教師の指導は日本語ネイティブであれば、だれでも教えられるほど、かんたんなものではありません。たとえば、

A:これは山田さんのものです。
B:これが山田さんのものです。

この文章の違いを、日本語運用能力が日常会話程度の学習者に、どのように説明し理解してもらえるか、想像できますでしょうか?

外国人採用をされる企業担当者の方で、時々こうした日本語教師の勉強を始める方もいらっしゃいます。そういった姿勢は日本語学習者である外国人社員にはうれしいものだと思います。

日本語教育カリキュラム受講、受験しないまでも、少なくとも、外国人社員がどのようにして日本語を学んでいるのか知ることは、雇用者と外国人社員の関係をより良くすることだと、みなさまにご提案します。

まとめ

外国人採用の際に見落としがちなのは、こうした日本語スキルの証明となる試験結果を、特徴を理解せずに指標として過信し、実際に企業が求める日本語スキルを持っていない外国人を採用するケースが多いことにあります。

また、やみくもに日本語を我流で教えたとしても身につくとは限りませんし、そのままでは雇用者と外国人社員のお互いが「何を言ってるかわからない」ストレスを感じ、心の距離感が生まれてしまうかもしれません。

もし周囲に日本語学習者の外国人がいれば、彼らがどのレベルの日本語力を目指しているのか、そのためにどんな目標を持つべきか(〇〇試験で~点を取る!等)一緒に考えてあげることが、あなたの日本語教育を始めるきっかけになると考えます。

優秀な外国人と働いてみませんか?

yoiworkは日本で働きたい外国人材と企業を繋げる求人サイトです。求人掲載~面接調整~採用まですべて無料。yoiworkを外国人の採用にぜひお役立てください。